Subversion
 

このページは、なに?

Subversion に関するページです。 2009年6月12日(金) 更新。

何かありましたら wac@umiushi.org へのメイルなど、お気軽にどうぞ。

mvc.el

phg thumbnail0

mvc.el は Mercurial などにも使える、そこそこ高速で複数バッファとタブに対応した Emacs クライアントです。

詳細は mvc.el のページをご覧ください。

svn diff などの文字コード

svn diff や svn blame などで日本語が化けて困るような場合、以下のようなラッパを用意しておくと文字コードを統一できて便利かもしれません。

ラッパは /usr/local/bin/svn などの実際のバイナリより優先される位置に svn というファイル名で実行属性を付けて (例えば ~/bin/svn など) に置きます。

svn wrapper (hg や diff という名前にすれば、それぞれのラッパとして使えます。 2010年3月8日(月) 更新)

Linux 2.6.27 以前の cifs と Subversion 1.5 以降の相性問題

Windows 上にあるワーキングディレクトリを Linux から cifs でマウントして使う場合、 Subversion の 1.5 系では libsvn_subr/io.c の 1800 行あたりにある #ifndef WIN32 で囲まれている need_rewind = TRUE; をコメントアウトしないとまともに動作しません。

Linux 2.6.28 以上を使うことをおすすめします。

日本語のファイル名について

utf8 な日本語ファイル名は Subversion-1.2.0(Linux, WindowsXP) と TortoiseSVN 上で問題なく扱えます。 Windows でコマンドラインの svn を使う場合は Cygwin ではなくネイティブ版を使いましょう。 Cygwin は相変わらず日本語まわりが苦手なようです。 (2008年11月8日(土) 現在)

Linux(subversion-1.2.0.tar.bz2)Windows(TortoiseSVN)Windows(svn-win32-1.2.0.zip や SlinkSvn など)Windows(Cygwin)
日本語ファイル名の使用不可

Linux では環境変数 LANG (と必要ならば LC_CTYPE) を ja_JP.utf8 に設定し、ファイル名も utf8 にする必要があります。この組み合わせ以外では

svn:  Can't record string:

 svn: Can't convert string from native encoding to 'UTF-8':

などと怒られるようです。

戻る